(高橋淡路恩納村)
春サーモンのこの美しさ国分寺で出会い
(星野龍子)
ハルエンの話について話す
(稲葉Re子)
晴樹の妻が読む「ミダーレの髪」
(佐藤きぼう)国分寺で出会い
春の火または燃えるのが遅い人生の火
(鈴木正樹)


「生まれてすみません。」
(大tsuki修「20世紀の旗ホルダー」)国分寺で出会い

生きることは、心配や思考の繰り返しの一部に

 

国分寺出会い

なる可能性があります。
「あなたは両親ではなく生まれました。」
入れたいです。国分寺で出会い

それでも、「生きていい」と言いたいです。

苦労したとき
「私は生まれるべきだった。」
誰のために国分寺で出会い
(確かに生きることが許されている人がいます)
おもう。


風想とハミング国分寺で出会い


季節の言葉は子供時代の嘘の言葉
みはるの季節
子供の季節は次のとおりです:ワシの鳥、ワシの琴、王女、琴を演奏する鳥、テリア、雨どい

コメント
コメントする