日本文化観光院が実施した「2014年外来観光客調査」でも、日本の日本人観光客の満足度は調査した16カ国中13位で、再訪問率はわずか20.2%でした。そうではありませんでした。

ソース:日本日報


[日本]トイレットボウルでいっぱいのゲストハウス、「近くのトイレに行こう」[02/09]

五反田の出会い
・こんな未開拓地


・汚いところがある国。


・日本のおもてなしに反対五反田の出会い
前面に亀裂を入れるのは国家の政策ですか。


・その国のトイレは水洗い
考えさせようとはしない

五反田の出会い
・ソウルのホテルでも出張に泊まった
紙を洗えなかった
臭いと汚れたのでトイレに耐えます
仕事しかできませんが、個人的には給料が出ても二度と行きたくありません。


・ソウルの明洞にはとげとげしい匂いがします。


・観光客が増加する理由はない。
すぐに回っても、
あなたは二度と行きたくないでしょう。

たとえ私がお金を得たとしても、私は拒否しますそれ。


・日本の特徴は、安い、流される、人々の不親切さ、

 

 

五反田出会い


町は汚れていて、観光に行く場所がありません。
私はそのような国に行くことは決してないだろう。
私も日本人を理解しています。
火星ではありません。


・日本はこんな感じなので
私はこれより美しい日本にいます
私は日本には戻りません。
いったん美しい環境に慣れると、それは不可能です。
同じ職場にいたバクーは言っていた。


・どうしても嫌いな国
魅了されて日本へようこそ

 

....................................


日本を「古くからの被害」の国にする「Guz」若者
2016.02.11


■50年前、有権者の半数は20-30人でした
日本のような間接的な民主的な社会では、人々は選挙を通して政治に参加します。
日本の投票率は年々低下しています。五反田の出会い

衆議院選挙の投票率を見ると、1967年(第31回)には74.0%でした。
2014年(47日)には52.7%に低下した。 20代の若者の場合、66.7%から32.6%に半減しています。

出生率の低下と人口の高齢化により、若い人口が減少しているという事実に加えて、投票率は
投票する若者の絶対数は大幅に減少しています。
私はいつも近くの大大学の体育館で投票しますが、若い人に会うことはめったにありません。
見るのは白髪の高齢者だけです。
「(省略)」五反田の出会い


・>> 1
違う。これは、大量に放棄され青少年ではないベビーブームIIが大きな壁になったためです。

・あなたの若い人たちは休むことなく働いています
時間を殺すために選挙に行くことになっている高齢者は投票する権利を取ります五反田の出会い

コメント
コメントする