もしそうなら…もっと明瞭になるでしょう(笑)
私はタイトル "Ossan"を書いた男でもありますが

私よりも多くの息子が帰宅したという話。

国分寺で出会い
他の日。

私はエージェントに家に関する重要な書類を作成してもらうよう依頼しました。

国分寺で出会い

数日後…。


代理人(推定60歳)が私の家にやってきた。

 

チャイムは
玄関に行き、家に案内してくれた瞬間国分寺で出会い


オッサンはニット帽を脱いで、「でも、この寒さは私にとって苦痛だ」と言って、「その言葉を笑うのはいいのか、それとも悪いのか」と言った。

 


そして

 

国分寺出会い


家の居間に入って目の前に清代郎のポスターが見えました!


ああ!ああ、突然の泣き声国分寺で出会い


「何がアップヘイヘイベイビー - 変更しても構いません... ...いつものように...」、雨の後の空を熱望し始めました。


ちょっとの間、私はあの男の予想外の行動に戸惑いました

今のところ
私も清代大好きで、リズムはオッサンの歌と共に歓迎されました。

国分寺で出会い
そして
Ossanは満足しているので歌うのをやめる

再び国分寺で出会い
私は自己紹介をして私を迎えました。

「それはなんですか。このファンキーな男は……」と思っている間

コメント
コメントする