私にオサン
「ええ、清代清涼はいいです。その時私は心に何かを持っていてしばらく泣いていました。日本中が泣いた日でした。」


それに添付国分寺で出会い
私は清代も大好きで、私は木代郎についての情熱的な感情について話し始めました。

 

気がついたとき国分寺で出会い
家の中で重要な文書について話す代わりに、それはKishiroと音楽のために45分でした。


何でも
あの少年は何ですか?国分寺で出会い

彼は清代が大好きで、過去を追いかけるとトランペットを弾き過ぎるのが好きで、ジャズも好きでした。

 

 

国分寺出会い

 

世代によって音楽のジャンルは異なります国分寺で出会い

ジャズは私も知らない世界です

このオッサンの音楽の起源はジャズだろう…物語を聴きながら考えた。


私の音楽の起源は清代さんのようです…。

ジャンルが違います
熱い気持ちは同じです。国分寺で出会い


ですから、ジャンルは異なり、たとえ私が物語を理解できなくても、それは私がお互いに好きなアーティストと音楽について話すだけで私を楽しませてくれました。

国分寺で出会い
突然、最初の会議で。
ニットを脱ぐで、そして、「この寒さは禿げているために暑い」と言う。

コメント
コメントする